樽酒の日

 

おはようございます。


大阪府堺市を拠点に重量物の運搬・据置き・解体を行っております、丸政重量です。




突然ですが皆さんは、樽酒というものをご存知ですか?




樽酒とは晴れの日に飲む特別なお酒というイメージをお持ちの方もいらっしゃいますが、江戸時代から多くの方に愛されてきた、日常のお酒。


木製の樽で貯蔵し、木の香りがついた清酒で、日本酒を樽で寝かすことで樽の原料である吉野杉の香りがお酒に移り、おいしい日本酒をよりおいしくしてくれるんだそうです。




お正月や結婚式、テレビの報道などで映る樽酒は一斗というサイズの大きなサイズですがどのくらいのお酒が入っているかわかりますでしょうか?




樽の大きさは縦横高さでそれぞれ40cm程度。

その中に入っているお酒の量は何と18Lで、日常的飲まれているような360mlのお酒にすると50本。



こんなに大きいサイズは日常で飲めないかと思いますが、ご家庭でも飲めるサイズのお酒として720mlや300mlのサイズのものが市販されています。



独特のうまみがあるので多様なジャンルの料理と調和するとのことなので飲んだことないなという方は是非試してみてくださいね!



樽酒のお話をしたのも今日が樽酒の日だからです。

ただ飲みすぎは体にもよくないのでちょうどいい量で楽しんでみてくださいね。




今週末の大阪はお天気良好。


成人式を迎える新成人の方は久しぶりの再会を楽しんだり、ここまで育ててくれたりかかわってくれた方に感謝の気持ちを送るのもいいかもしれませんね!

みなさまにとって良い日となりますように。