サンタクロースの歴史

 

おはようございます。


大阪府堺市を拠点に重量物の運搬・据置き・解体を行っております、丸政重量です。




子供たちは待ちに待ったクリスマスがやってきましたね!




皆さんのところにもサンタクロースはやってきましたでしょうか?



遠い遠い北度68度のサンタクロース村から毎年子供たちのところにやってくるサンタクロースですが皆さんは起源や住処など知っていらっしゃいますでしょうか?




今日はサンタクロースについてご紹介いたします。




サンタクロスの起源は4世紀、現在のトルコに実在した聖人聖ニコラウスがモデルといわれ、不幸な人々を助けるために奇蹟を起こす庶民の味方として親しまれていました。


貧困なために身売りしようとした娘の家の煙突に金貨を投げ、救ったという伝説がサンタクロースストーリーの原型といわれています。


サンタクロースの出身地として今では知られるようになりましたが、1927年にフィンランドのラップランド東部にあるコルヴァトゥントゥリをサンタクロースの正式な住居として宣言しており、同ラップランド東部のロヴァニエミ市中心街から北へ8kmの北極圏上には、サンタクロースのお部屋、郵便局、クリスマスグッズの店などが集まったサンタクロース村があるんだそうです。


サンタクロースの部屋では毎日コルヴァトゥントゥリからやってくるサンタクロースに合うことができるです!




日本はもう夜が明けてしまいましたがまだ夜が明けていないところではサンタクロースが大忙し。

今サンタクロースがどこにいるかサンタアトラッカーというもので見ることもできるんですよ!




もしどこにいるんだろうと気になる方は探してみてくださいね。


▼ https://santatracker.google.com/tracker.html